女子バスケットボール部

女子バスケットボール部

女子バスケットボール部の紹介

目標は県TOP。勝つために必要なことは何かをいつもチームに問いかけ、常に考えるバスケットを目指しています。

部員数

1年生 5名   2年生 6名   3年生 2名   計 13名   (平成30年5月現在)

指導者

監督 田中 伸子

過去の実績等

■ 平成29年度 ■
 ・島根県総合体育大会 第3位(ベスト5 大羽亜海)
 ・選手権大会 第5位(ベスト8)
 

■ 平成28年度 ■
 ・中国大会島根県予選 準優勝(ベスト5 柳井夏美)
 ・島根県総合体育大会 初優勝(ベスト5 水津菜月・岩田瑞希)
 ・インターハイ出場
 ・選手権大会 第5位(ベスト8)
 ・石見地区新人大会 優勝
 ・島根県新人大会 第3位(ベスト5 大畑亜美)

■ 平成27年度 ■
 ・中国大会島根県予選 準優勝(ベスト5 若松玲香)
 ・島根県総合体育大会 準優勝(ベスト5 岩崎まりあ)

■ 平成26年度 ■
 ・島根県総合体育大会 3位(ベスト5 若本帆乃果)
 ・選手権大会 第3位(ベスト5 大賀有梨沙)
 ・石見地区新人 優勝
 ・県新人大会 

■ 平成25年度 ■
 ・中国大会島根県予選 ベスト8
 ・石見地区新人 準優勝
 ・中国大会島根県予選 第4位(ベスト5 若本夏海)
 ・島根県総合体育大会 3位(ベスト5 吉山杏奈)
 ・選手権大会 準優勝(ベスト5 若本夏海)

■ 平成24年度 ■
 ・島根県ン総合体育大会 ベスト8
 ・選手権大会 ベスト8

■ 平成23年度 ■
 ・中国大会島i根県予選 ベスト8
 ・石見地区新人大会 優勝

■ 平成22年度 ■
 ・中国大会島根県予選 ベスト8
 ・石見地区新人大会 優勝

■ 平成21年度 ■
 ・中国大会島根県予選 ベスト8
 ・島根県新人大会 ベスト8

■ 平成20年度 ■
 ・島根県総体 3位 <ベスト5 藤井 柚圭>
 ・島根県選手権大会 3位 <ベスト5 野廣 美希>
 ・島根県新人大会 ベスト8

■ 平成19年度 ■
 ・中国大会島根県予選 ベスト8
 ・島根県総体 ベスト8
 ・島根県選手権大会 ベスト8
 ・島根県新人大会 ベスト4 <ベスト5 高橋 三葉>
 ・中国新人大会 ベスト8

2018年度の活動

女子バスケ部:島根県選手権大会(準優勝)

H30 県選手権写真(女バス)

H30 県選手権写真(女バス)

日付:11月1日~11月4日
場所:カミアリーナ

1試合目
明誠 96-56 出雲

2試合目
明誠 99-45 安来

3試合目
明誠 84-52 松徳学園

準決勝
明誠 83-69  松江東

決勝
明誠 58-82 松江商業

結果:準優勝

ベスト5:永田 夢生(2年3組)

報告:勝ち上がれば、3日間で5試合というハードな3日間だった。勝ち上がったため、その経験ができた。
準決勝の松江東は出だしから相手の勢いに圧倒されたが、後半しっかり対応できるようになり、勝つことができた。その約2時間後に決勝があり、逆に後半足にきてしまい、相手のやりたいことを止めることができなかった。やはり松江商業とは確かな差があると感じた。が、選手がそれを体感できたことが、次につながると考えている。理屈ではなく、自分の身体で感じたまだまだなところを一人ひとりに考えてもらい、次につなげていきたい。
3年生は2人残ってくれ、特に関口の決勝での頑張りは、光るものがあった。田子もチームにしっかり貢献してくれた。お手本になる姿を後輩にしっかり見せてくれた。1番になるには、ハードワークで戦い抜く力が必要不可欠だ。その部分において、まだまだ足りないので、それを克服するべくまた鍛えて、来年こそは1番になりたい。

女子バスケ部:石見地区秋季大会

日付:9月15日
場所:益田市民体育館

報告…1,2年生中心の新チームでの大会である。上につながるわけではないので、今回は総当たりで実施された。結果は全勝だが、まだまだ詰めの甘いところがあるので、しっかりと気を引き締めてウインターカップ予選に臨みたい。

女子バスケ部:澤山杯(優勝)

第20回澤山杯

日付:8月5日~8月8日
場所:びんご総合運動公園

8月5日(日)    13:30~練習試合 in神辺旭高校体育館

 

8月6日(月) 澤山杯スタートinびんご総合運動公園    
予選      
対 総合技術(広島県) 87 対 41 勝ち      
対 岩国商業(山口県) 85 対 38 勝ち   2勝で1位リーグへ

 

8月7日(火)    
予選2日目(1位同士のリーグ戦)      
対 神辺旭(広島県)  57 対 48 勝ち      
対 神戸星城(兵庫県) 82 対 44 勝ち   2勝で決勝へ

 

8月8日(水)     
決勝戦      
対 明豊(大分県) 61 対 60  勝ち       結果:初優勝

 

【報告】     
今年は20回目の記念大会となる澤山杯に参加させてもらい始めて10年くらいになるが、優勝したのは 初めてである。
とても良い経験をさせてもらった。各県のベスト4~8くらいのレベルのチームが多いが、 すべて勝ち切れたことは自信になった。
当然修正するべきところも多々あるので、また整理して活かしていきたい。

澤山杯(女バス)

澤山杯(女バス)

 

女子バスケ部:県総体

日付:5月31日~6月1日
場所:松江市総合体育館

※結果…第5位(ベスト8)

4回目の松徳戦は完敗した。相手はこちらのDFに対応したOFをしっかり練習してきていた。それに気がつき、タイムアウトをとって指示したが、指示通りに動けず、また対応できずに負けるという、ここ最近の負けパターンにはまってしまった。本当に対応力のない選手たちが多く、それは、すなわち、私の指導力不足だと痛感した。計算できないことが多く、不安定なチームだが、敗因をしっかり考えさせ、また一から鍛え直していきたい。

女子バスケ部:中国選手権大会

日付:5月11日~5月13日
場所:ジップアリーナ岡山

明誠 vs 米子南  66-72

若いチームの甘さが出て、勝ちゲームを落とした試合となった。リードされて追いつき、一時は8点差まで広げたが、勝ちを意識したのか、急に攻め気がなくなり、逆転負けしてしまった。まだ勝負どころがわかっていない選手も多く、一つひとつが経験だとは思うが、ボールに対する執着心も弱いので、そういった部分を一からまた鍛えていきたい。

女子バスケ部:中国大会1次予選

日付:4月14日~4月15日
場所:県立体育館/浜田高校体育館

3度目も正直でずっと負けていた松徳学院に勝つことができ、ベスト5以上が確定した。
この結果に満足せず、中国大会出場を目指して、あと4日調整していきたい。

2017年度の活動

カテゴリー: 部活動   個別表示